うららリポーターのうららかな日々

うららリポーターと番組スタッフが「うらら」の収録の様子などをお伝えします。
 
2020/11/28 12:39:55|2020年度 茨城
11/23 「bankfield + dog」「音楽サークル 「SOOD&Yuka」」

こんにちは!中矢邦子です。

今回の茨城うららでは、最初にわんちゃんと飼い主さんの憩いの場「bankfield+dog(バンクフィールドプラスドッグ)」をご紹介しました。ドッグランとカフェのお店です。

今年6月に筑西市小栗にオープンしてから、土日は特に賑わっているといいます。わんちゃんを連れて楽しめる場所があるのは、ありがたいですよね。

撮影当日は、天気に恵まれ快晴。放送はされていませんが、わたしもわんちゃんと芝生の上で思いっきり遊びました!敷地が本当に広いので、楽しかったです。とっても癒されました。

カフェでは、2つのランチメニューをいただきました。
まずは、トマトソースの煮込みハンバーグ。ふっくらとしていて、噛むほどにお肉のうまみが口いっぱいに広がりました。とってもジューシー!
トマトの酸味をおさえるために玉ねぎを使い、甘さやコクを引き出しているそうです。肉汁とトマトソースが口の中で溶け合って・・・たまりません。
約10種類の野菜サラダが添えられているので、彩りも良くテーブルが華やかでした。

続いて、重みずっしりのチリチーズドッグ。こんがりと焼かれたパンに、パリパリ食感の粗挽きソーセージ、チリミートを挟み、たっぷりとチーズがかかっています。
大きめサイズのハラペーニョが上に乗っているので、かなり辛いのかな?と思ったのですが、一口いただくと爽やかな辛さにビックリ!辛すぎないので、ちょうどいいのです。そこにまろやかなチーズが合わさって・・・間違いない組み合わせでした。

窓からは、筑波山も見えます。自然をすぐそばで感じられる空間でいただくお食事は格別でしたよ。
みなさんもわんちゃんと一緒に食事も楽しめるbankfield+dogで、楽しいひとときを過ごしてみてはいかがですか?


続いてお邪魔したのは、音楽サークル「SOOD&Yuka(ソッドアンドユカ)」。
『下館おじさん音楽同好会』の頭文字(SOOD)に、紅一点のボーカル・大賀由香(おおが ゆか)さんが加わったのでこのサークル名になりました。
由香さん以外のメンバーは、70歳超え!サキソホーン・リードギター・サイドギター・エレクトーンで構成されています。
古希を迎えられたエネルギッシュなみなさんに、オリジナル曲『想い出の街』を演奏していただきました。

いつまでも聴いていたい心地の良い音楽に、由香さんの美声。とても素晴らしかったです。実際に見て、聴けて本当に良かった・・・。
きっとこれからもみなさんの心に刻まれるのだと思います。

SOOD&Yukaは、老人、児童施設、高齢者団体、イベントなどで演奏。県内外で、130回を越える活動をされてきました。
8年前から現在のメンバーで、ラテン・演歌・ポップスなどさまざまなジャンルに挑戦!レパートリーは、180曲ほどあるそうです。例えば、フジヤマ、花街の母、サン・トマ・マミーなど。懐かしく感じられる方もいらっしゃいますよね。

お話は、バンドマスターの渡邉義之(わたなべ よしゆき)さんに伺いました。
目を輝かせながら『メンバーの中には40年来の友人もいるので、すごく楽しいですよ』と仰っていたのがとても印象に残っています。素敵な関係ですよね。

演奏中のメンバー間の目配りや雰囲気から、仲の良さや絆を感じ、胸がジーンとなりました。みなさんもぜひうららをご覧になって、聴いてみてくださいね。


次回もまた素敵な情報をお届けしますので、お楽しみに!
 







2020/11/23 9:07:08|2020年度 群馬
11/23「ハンドメイド Happy」「ふれあい酒場 えん」

みなさんこんにちは!松本実優です。
 
今回の館林うらら、まず1件目は「ハンドメイド Happy」に伺いました。
 
ハンドメイドのアメリカンフラワーやレース生地を使った小物や雑貨、洋服などを販売しています。
 
お店を営む佐口さんと荒畑さんに作品のご紹介をしていただきました。
 
まずは佐口さんが手がけている「アメリカンフラワー」は、
透明な花びらでカラフルな作りが印象的な作品です。
冠婚葬祭に使えるものや季節もののお花など種類豊富に
取り揃えてありました!
 
そして荒畑さんが制作している作品は、「レース小物」や「手染めバッグ」です。
「レース小物」は、華やかな柄なものから可愛らしい模様のポーチやスマホケースなどです。日常に取り入れると気分が上がるものばかりでした。
「手染めバッグ」は、可愛らしいものから美しいものまで数々の作品がありました。おしゃれなレストランに使いたくなるバッグがたくさんありましたよ。オーダーメイドも可能だそうです。
 
お二人とも、作品を作るにあたって、長年技術力を磨いているそうです!その努力と想いが美しい形となって販売されています。
 
ぜひ興味を持った方は、お店でご覧になってみてくださいね!
 
 
続いては邑楽町にある、安く楽しめるお店をコンセプトにした居酒屋さん「ふれあい酒場 えん」をご紹介しました。
 
こちらは約1年前にオープンした居酒屋さんです。
店長の和田さんは、周辺に大衆酒場がないという理由で出店されました。
 
安く楽しめるというコンセプト通り、価格はドリンク250円から、おつまみは100円から!おつまみの種類は40品以上あります。お酒も日本酒、焼酎、ウイスキーなど様々なものを取り揃えていました。
 
今回は、下町ハイボールと皿なんこつ、肉味噌ピーマン添えをいただきました。
ハイボールは強炭酸のスッキリたまらない美味しさ!
皿なんこつは、なんこつを煮るメニューで、濃厚でとろとろの柔らかさ!自家製の新鮮ピーマンのさっぱり感と味噌の甘みと肉の旨味が調和された肉味噌は抜群の相性でした!
大満足の美味しさでしたよ。
1000円以下でこんなに美味しいお酒やおつまみが楽しめるなんて贅沢だな〜と喜びを実感しちゃいました!
 
また店内は良き古き時代のアットホームな雰囲気で、足繁く通いたくなる空間です。
 
一日のご褒美に、「ふれあい酒場 えん」で至福のひとときを過ごしてみませんか?
 







2020/11/20 19:43:39|2020年度 茨城
11/16 「KAERIZAKI 豊年満咲」

こんにちは!中矢邦子です。

2020年も、もう2ヶ月を切りましたね。
コロナ渦、はじめての年末が近づいてきましたが、忘年会のご予定はいかがでしょうか?
まだお店が決まっていない方!今回の茨城うららは必見です。

コロナ対策万全でみなさんをお待ちしているという居酒屋「KAERIZAKI 豊年満咲」をご紹介しました。場所は、筑西市稲野辺です。

中国料理店で働いていたオーナー・古橋さんが『他店に負けない!』と、80以上あるメニューをボリュームたっぷりで、リーズナブルに提供。筑西で一番おいしい、たのしいと言われるお店を目指しているそうです。

以前は、下館駅南口で約16年お店を経営。2015年、現在の場所にリニューアルオープンしました。来店されるお客さまの年齢層は30〜70歳代と、幅広いといいます。

この時期、おすすめメニューをいただきました!

まずは、ワンタン鍋です。
皮がツルンとしていてのどごしが良いアツアツのワンタン。具材はそれぞれ豚肉、エビを使っていて、うまみがギュッと凝縮されていました。お肉のジューシーさ、エビのプリっとした食感がたまりません!
おいしさを引き立たせるために、豚肉のタネは一晩寝かせています。結果、旨味が倍増!古橋さんのひと工夫ですね。
ワンタンは季節によって具材が変わるそうで、いままでホタテ・あさり・タラ・しいたけなどもあったといいます。

ちなみに、ワンタンって漢字でかくと『雲吞』ですよね。まさに白い雲を飲み込んでいるような気持ちになりました。見た目もキレイなワンタンは、食べていて楽しい!幸せでした。

続いて、香辛料の香りが食欲をそそる四川麻婆豆腐。
最初にカーッと辛さがきてから、爽やかなしびれが口の中を駆け巡ります。ただ刺激的なのではなく、あとから味の深みやコクを感じる麻婆豆腐です。『旨みと辛み』のバランスの良さは、まさに絶品。
おいしさから、食べ進めるレンゲが止まりませんでした。もう夢中になって食べてしまいます!じんわり汗をかきました。

寒さが消し飛ぶ、KAERIZAKI 豊年満咲のワンタン鍋と麻婆豆腐をみなさんも味わってみてください。心も体もあたたまりますよ!
忘年会にもぴったりです。ぜひお問い合わせください。

次回もお楽しみに。
 







2020/11/16 14:18:43|2020年度 栃木
11/16 「HAIR&MAKE M」
皆さん、こんにちは!岩崎彩加です☺
今回はHAIR&MAKE Mをご紹介します。
今年の3月にリニューアルオープンしたお店。
パーマやカット、カラーといった髪の施術はもちろん、着物の着付けやつまみ細工まで体験できるお店です^ ^
今回はつまみ細工を体験させていただきました!
つまみ細工とは、小さな布を折ったり、つまんだりして四季折々の花鳥風月をつくり、くしやかんざしを華やかに彩る伝統工芸品です!
 
すごく可愛くて、私も好きだったのですが
自分で作れるなんて驚きました☆
今回はピンクの可愛いお花のアクセサリーを作りました!
最初は難しかったのですが、段々動きになれてきて、とても楽しかったです☆
自分の着物や小物に合わせて、作るなんて素敵ですよね^ ^
皆さんもぜひ、やってみてください!!
 
 







2020/11/16 14:16:59|2020年度 栃木
11/9 「ハンドドロウィング墨絵アーティスト 荒川 修一さん」「おちあい整骨院」

こんにちは。渡邊茉依子です。
今回の栃木うららは、「ハンドドロウィング墨絵アーティスト 荒川 修一さん」と「おちあい整骨院」を紹介しました。
 
ハンドドロウィング墨絵アーティストの荒川修一さんは、筆を使わず、手に直接墨をつけて様々な作品を描かれています。
作品の特徴は、なんといってもその躍動感です!
荒川さんの描く海、龍、馬や金魚たちは、今にも動き出して絵から飛び出してきそうでした(°_°*)
そのくらい力強く、見る人の心を揺さぶります。
 
国内だけでなく海外の方からも高く評価されている荒川さんの墨絵。
今後もたくさんの作品を作って、多くの人を元気付けたいと話してくださいました。
 
インスタグラムなどで作品を見ることができます。
ぜひ、チェックしてみてください(*^_^*)
 
 
おちあい整骨院には、幅広い年齢の方が通われていて、スポーツに取り組む学生もたくさん通院されています。
落合院長が施術していた学生さんの中には、プロ野球選手になった方も数名いるそうです(*^_^*)
 
怪我をされた方の早期回復や、けがをしないための身体づくりなど、地域の方々の健康寿命を延ばすお手伝いをしたいとおっしゃっていました。
【患者様を元気に、そしてその周りのご家族や友人、知人まで笑顔にする】ことをモットーにされているそうです(*^_^*)
猫背矯正や体幹トレーニングの指導もされています。
 
今回は、ほっトレというメニューを体験させていただきました。
岩盤浴効果のあるヒートマットに入り、腹筋などの気になる部分に電気の流れるパットを貼ります。
暖かいマットの中で寝ているだけで、インナーマッスルを鍛えることができるんです!
引き締め効果や免疫力アップが期待されるそう。
腹筋に電気が流れると、お腹の底から大笑いしたような感覚で筋肉が動いていて驚きました。
マットの中はちょうど良い温度でぽかぽか気持ちよかったです(*^_^*)
 
体のお悩みがある方や、健康に毎日を過ごしたい方は是非おちあい整骨院に相談してみてください!
それでは、次回もお楽しみに♬
 
 







[ 1 - 5 件 / 1292 件中 ] 次の5件 >>