栃木山岳会

栃木山岳会公認のホームページです。 山行計画及び報告を公開しています。
 
2022/06/21 13:50:25|その他
定例会通信
 *6月15日 定例会
  個人山行報告
   6/12 帝釈山 会員1人 他3人
     小雨の中、行ってきました。今日は山開きなので記念バッチをもら
    いました。
  山行計画
  ・個人山行)
   6月25夜〜26日 谷川岳東尾根
  ・会山行
   7月3日 日光白根山(清掃登山)
   
  *6月1日 定例会
  個人山行報告
   5/21 古賀志山 会員5人 他2人
     岩登り、ロープワークトレーニングを主に。
   5/22 備前楯山 会員1人(講習会引率)
          5/22 荒船山  会員5人 他8人
     詳しくは別欄にて。
   5/22 袈裟丸山 会員1人 他2人
     寝釈迦ルートから。雨が降ってきたので、
     小丸山で引き返しました。
  岳連関係
   5/29 那須朝日岳 会員1人(高校山岳部アドバイザー)   
  その他
    5/28・29 クライミングジムロッキン  会員2人
     ユースボルダリングコンペのスタッフとして
     お手伝いしてきました。
  山行計画(会山行)
    6月11・12日 会津朝日岳
    6月18日 桜沢(沢登り)

 *5月18日 定例会
  個人山行なし
  国体関連 
            5/15 スタッフ説明会 壬生町総合運動公園
      会員9名出席
  山行計画(会山行)
    6月11・12日 会津朝日岳
    7月24日 岩登りトレーニング 古賀志山
  栃木市スポーツ協会山岳部
    6月5日 第111回市民ハイキング(尾瀬ヶ原)
      募集は定員満了となり締切ました。


 *5月11日 定例会
  個人山行報告
    4/24 金時山  会員1名
    4/28 泉ヶ岳(仙台)会員1名、他1名
    4/30 会津駒ヶ岳 会員4名
    4/30 水沢岳・二ツ岳 会員1名、他1名
      1日で2山登って、下りて、また登って下りて。
    4/30 高原山 会員1名、他数人
    5/2   男体山 会員1名、他1名
       入山料が1,000円になっていました。
    5/3  両神山  会員1名
       家から自転車で登山口へ。山登って帰ってきました。
    5/3  日光裏見の滝から大樺 会員1名
    5/4  霧降鳴沢からカラ滝 会員1名
    5/6〜8 鳥海山(山スキー)会員1名、他5名
    5/8  備前立山 会員1名、他数人
  
  山行計画(会山行)
    6月18日  矢板 桜沢遡行
    8月10夜発〜14日 夏合宿 剱岳(日程は調整可能)

   写真➀  5/6〜8 鳥海山:七高山山頂にて
   写真➁  5/4  霧降鳴沢のヤシオツツジ

    

  

 







2022/06/08 15:56:00|その他
栃木市スポーツ協会 山岳部

第111回 市民ハイキング 尾瀬ヶ原

 6月5日(日)  一般参加者 33人 リーダー 4人
 
 栃木出発時は雨。でも現地の天気予報は晴れ。
 登山口に着く頃には予報通り陽がさしてきました。
 鳩待峠 ⇄ 山の鼻(植物園周遊)⇄ 牛首コース
 
 そよ風に吹かれながら、新緑輝く道を歩きました。
 水芭蕉、リュウキンカ、タテヤマリンドウ、
 ショウジョウバカマ、シラネアオイ、
 ヒメシャクナゲなどの花々が咲いていました。
 
 他のハイカーやツアーハイクの方々も沢山いて、
 休憩後に出発する際は、人数確認のため前方から
 番号を言ってもらうようにしましたが、その様子
 がまるで小学生の遠足のようでちょっとだけ
 可笑しかったです。これもまた楽し。
 
 今回は天気にも恵まれ、花や景色を存分に満喫
 していただけたのではと思っています。
 参加者の皆様にはこの尾瀬ヶ原ハイクが楽しい
 一日となっていますように。
 

 写真1 至仏山に向かって木道を歩く
 写真2 水芭蕉がたくさん咲いています。
 写真3 全員集合。
 写真4 燧ヶ岳
 
 
 
 
 








2022/06/01 0:38:45|その他
5月22日、きったての面々と荒船山へ・・・。
 クリンソウ、ヤマツツジ、トウゴクミツバにやすらぎをもらい、断崖の上に立ち、そのスリルを想像し、鮮やかな緑に包まれ、その中でティータイム。半年後の紅葉に思いを馳せ、楽しい楽しいひとときを過ごした。
 







2022/05/14 7:45:18|その他
G W:春山合宿は、鳥海山へ・月山へ 5月3日〜5日

5月3日  秡川へ向かう
5月4日  鳥海山頂へ向かうが、払川ヒュッテ脇にて強風に
     阻まれ一度引き返す。スキーヤーが辿ったルートに
    変更し(風は幾らかは弱かった)、行けるところまで
    登山し、ザイルワークや滑落停止の訓練を行い、下山
    する。
     下山後、酒田経由で月山へ向かう。途中K氏より、
    湯殿山南面及び東面で雪崩発生の情報が届く。姥ヶ沢
    駐車場到着。姥が岳方向を見上げると、崩壊らしき幾
    つかのスジ(クレバス?)が見られる。登山道が立ち
    入り禁止となっているところもあるようだ。
5月5日  翌朝、リフトを利用し登山する。天候は快晴。背後
    には朝日連峰、前方には昨日登った鳥海山が空に浮かん
    でいるかのように見える。今日の鳥海山は穏やかなようだ。
    登頂できなかった悔しさが沸々と湧きあがる。
     月山山頂にて四井の景色を満喫し、そして穏やかに登山
    できたことに満足し、昼食を済ませ下山する。
     帰りは久しぶりに日帰り入浴に立ちより、交通渋滞にも
    巻き込まれず帰宅する。

 写真➀  鳥海山に現れたレンズ雲
 写真➁  鳥海山山頂
 写真➂  月山から振返り観た朝日連峰
 写真➃  月山山頂から鳥海山を臨む
     
 







2022/05/02 11:38:32|その他
山桜咲く新緑の檜枝岐、そして春雪積もる会津駒ヶ岳へ

  雨降り頻る中、檜枝岐村へと向かう。明日の天候回復を祈りつつ、車中泊する。
  目が覚めると雨は止んでいた。漂う雲は切れはじめており、満開の山桜と新緑が輝きはじめようとしていた。
  歩き始めると青空が増え始め、新緑・山桜が輝きはじめた。第一ベンチから先は、数センチの新雪を纏う残雪期歩行となる。左側を見ると、燧ヶ岳が顔を覗かせ、天空にはハロ雲と飛行機雲のコラボレーション、樹林帯を抜けると大パノラマ・・・・・それは駒ヶ岳山頂にてクライマックスとなる。

  6:30 登山口バス停出発     7:15 滝沢登山口
  10:35 駒の小屋 11:00      11:10 山頂 11:40 
  13:40 滝沢登山口         14:10登山口バス停下山 

                       参加者  会員4人


その他の山行
  4月16日  群馬 大岩      会員1人 他
  4月17日  細尾峠〜薬師・夕日岳 会員2人 他3人
  4月24日  金時山        会員1人
  4月28日  泉ヶ岳        会員1人 他1人
  4月30日  水沢山        会員1人 他1人
         高原山        会員1人 他2人
  

  







[ 1 - 5 件 / 44 件中 ] 次の5件 >>