雨にも負けず風にも負けず・蔵の街栃木

仕事を退き、第二の人生の山歩きを中心にした日常行動の紹介です。
 
2017/05/22 11:11:11|癌との共存
2度目の手術で再入院
昨日pm3:00に盛岡の弟が今月二度目の帰省。新幹線で来るのかと思っていたら、明日の入院で、家族に手術の説明と承諾を得る為の立ち合いが午後4時頃に予定してあるので、時間がずれても帰りの時刻表を気にしないで済むように、単独で高速を使って来てくれた。
夕飯は外で食べようと母を誘ったが、「二人で食べといで」とあっさり断られた。すると彼が買い出しに行くと云って、イオンで食材を仕込んで夕食の用意をしてくれた。
夕飯時に古河の弟から電話があり、「お医者さんでも遣るもんだね」とこちらの様子を話すと、「それが普通で何にもしない兄貴が異常なんだよ」と一括された。



今日は直ぐ下の弟に病院に送って貰い、盛岡の弟は日中母に付き添い、ホームセンターで花を仕入れ母と庭いじりの予定とか。   こんな時ですから親孝行よろしくお願いします。
午後4時過ぎに弟達と長男が病院で医師と面会の手筈になっている。

10:30に第二外科の入院手続きをし、病室は教育医療棟11階の相部屋。手術は2日後の24日予定。

半年前の大腸のS状結腸癌手術の時は、退院日も予告されていたが、今回は部位も違い退院日も未定なので、難儀が予想されても、とにかく運を天に任せるしかありません。

ブログも当分投稿出来ません。元気に帰ってきますから、それまで暫くお待ちください。







2017/05/21 21:04:28|
曾孫に囲まれた母

昨日は今月末で93才になる母と
8月で2才になる曾孫の2女と今
年から幼稚園に通う長女の3人
のショット。
偶(たま)に来る曾孫達ながら、
どの曾孫が来ても姿を見るなり
母の背筋はピンと張り、自ずと
顔は綻ぶ。

今日は今日でまた別な曾孫が2
人母を取巻いてくれた。
一緒に同居していないから、た
だ傍にいるだけで、はしゃぎま
わるのを見ているだけで母の日
常の大いなる刺激になるのだろ
う。
なかなか1人1人の名前も覚えら
れない8人の曾孫達と今月は全て
会えたようだ。







2017/05/19 22:00:00|
今日が遊び納めC
      満開時の龍安寺の枝垂桜          満開時の長福寺の枝垂桜      

午後は金崎の道の駅にしかたに寄り、道の駅の西方の山に存在した西方城址の存在を確認。
一旦小倉堰によりその後、長徳寺の裏山にある西方城址に踏み込むが藪が深そうなのと途中
で蛇に出逢い探訪を断念。でも西方城の南に二条城があり、西方城の西1.2km程とかなり
近い位置に赤壁(あかべ)城(別名真名古城)があり、その存在位地も帰路確認した。
行楽日和に恵まれ、他愛のない初老3人旅だったが、心地よい疲れを感じながら有意義な時
を遊べた。







2017/05/19 21:38:00|
今日が遊び納めB
               シャクヤク(芍薬)の園

続いて5月7日にTANさんから紹介された旧都賀町の太白山龍興寺と太醫山長福寺を訪問。
龍興寺は裏山の太い幹の枝垂桜が素晴らしく、長福寺は境内の枝垂桜とよく整備された
境内庭園の花々。今はシャクヤクが真っ盛り。
お昼は5月7日のコンサートでもご一緒した陽子さんも呼んで鹿沼の『土用亭』でランチ。
彼女も元気そうなので安心しました。







2017/05/19 21:03:00|
今日が遊び納めA
       エビネと黄海老根              セッコク

今年の盛りを見過ごしてしまった星野のクマガイソウとヤマブキソウの熊倉さん宅に。
矢張り予想通りにクマガイソウもヤマブキソウも終わっていた。
でも新しい発見が・・・エビネが山に自生していた。外来種の黄色い花のエビネもあった。
庭には岩の上や大木に着生するラン科の着生植物、セッコク(石斛)が白やピンクの花を
咲かせていた。
来年、花の時期に納屋に用意されているカラオケにも参加する約束をして、星野の美しき
農家を後にした。







[ 1 - 5 件 / 1648 件中 ] 次の5件 >>