ロックシップ・カンタービレ

六人家族のお父ちゃんが、自由なスタンスで日々の出来事や思った事をつづります。
 
2020/06/30 21:39:00|全般
日曜は次女対応で宇都宮へ

こんばんは。
一昨日の日曜日は次女の英検受験もあって、実家のある宇都宮に行ってきました。
この日は朝から大雨でしたし、一方で公共の場での感染リスクを避けたかったので、車で送ってきました。

昼食は鶴田町のパン屋、ペニーレインの駐車場でとりました。
ここの調理パンは美味しいですね〜。エビマヨパンは香ばしくて食べ応えがあって、もう笑みが止まらないくらいの美味しさでした。
店の雰囲気もおしゃれで「何だかディズニーランドのレストランみたい」と次女は気に入っていました。(消毒も密回避もしっかりしていましたし)

食後、会場の街中の大学に娘を送り、自分は久々に実家へ。母親も元気そうで何よりでした。
雨もやみ、母に頼まれた買い物でカンセキ駅東店まで歩いてきました。
駅東大通りにはLRTを敷設工事中なのですが、あまり進捗は感じられなかったですね。道路中央のグリーンベルトはすでに撤去されていましたが、軌道敷の交通整理や停車場の安全地帯の確保はまだ本格的に取りかかっているようには見えず、まだまだ完成までには先は長そうです。

国道4号線との立体交差など、どのように停車場を設けるのでしょうね?近隣には宇都宮東郵便局など公共施設もありますし、交通弱者のことを熟慮しておのおの設置してほしいものです。

そしてここからちょっと駅方向に行くと、あの”宿郷町”。宇都宮では初の夜の街クラスターが発覚したエリアになります。
昼の街並みからはそういった感染症の危機感を感じることはできませんでしたが、栃木県でもかなりリスクを含んだ地域になってしまいましたね。
母も近在の妹も、何事もなく過ごしてほしいものです。







2020/06/28 10:10:42|プラモデルネタ
ハセガワ製旧秋霜の艦首形状修正

こんにちは。

今日は朝から雨で憂鬱ですねぇ。でも庭の朝顔やはつか大根、バルコニーのトマトたちは喜んでいますな。

さて、手を付けたプラモデル駆逐艦秋霜の艦首の気に入らない点を直していきましょう。
艦首両舷にプラ板を貼っていきます。これでフレアー部(艦首甲板が左右に広がった部分)の張り出し部分を足して、成形してやります。

さらに艦隊型駆逐艦陽炎型との識別点でもある、艦尾の喫水線近くのナックル(面の折れ角)部分の突き出しも少しオーバー目に表現できるようにプラ板で肉盛りして成形してやります。

ガースガース、ゴーリゴーリ・・・

なんとなく・・・
夕雲型らしさが出てくるでしょうか?

つづく







2020/06/27 21:40:05|プラモデルネタ
おこもりの友に古いウォーターラインプラモデル

こんばんは。
今日は蒸し暑くて午後はしんどかったですね。子供たちは湿度でギブアップで冷房をつけて過ごしていました。

さて、ステイホームでお出かけ自粛中に少々難物に手を出してしまいました。ハセガワ製の旧型プラモデル、夕雲型駆逐艦「秋霜」です。
現在は全面的に作り直されたリアルな最新モデルが発売されており、ピットロードや国内ウォーターライン各社を凌駕するような完成度になっているのですが、この旧モデルは何かの時に入手してストックの中にしまいこんでいました。こんな自宅に缶詰の時じゃなくちゃ引っ張り出さなかったなぁ。とりあえずどこまで遊べるか着手してみました。

パッケージオープン!上箱下箱分離式パッケージでなくて、板チョコの箱を開けるみたいに隅っこの小さな蓋を開けます。
うんうん。昔は駆逐艦プラモデルって200円〜300円くらいで駄菓子屋で買えたんだよなぁ。こんな感じだったっけ。

前に作った「朝潮」みたいに乾舷が低くて、甲板の兵装を取り付けるためのボスがみんな船体側から突き出していますなぁ・・・
http://cc9.easymyweb.jp/member/bluediaryace/default.asp?c_id=137398#comment2
当時のハセガワがオリジナリティを出すためか、それとも歩留まりなど型費上の理由でこうなったのか・・・

うむむ・・・
艦隊型駆逐艦としては先代の、陽炎型と船体はほぼ共通のはずなんですけど・・・艦首のシアー(甲板の先端の上への反り)とフレアー(艦首甲板の左右への張り出し)も何だか足りないなぁ。
土台から手を入れないと「夕雲らしい」モデルにならないかも。
ともあれ。ちょっとずつ手をかけていってみましょ。







2020/06/24 22:13:12|食べ物だったりする
「スーリア」で本当に久しぶりの外食

こんばんは。

今日はもろもろの事情でお昼を足利でいただくことになりました。
足利の上渋垂のインド料理屋さん「スーリア」です。
https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9011291/
自粛中は一切外食していなかったので、本当に久しぶりのランチです。
先般、カレー&ナンのランチをいただいたのですが、今回はティッカ(骨なしのタンドリーチキン)が食べたくてカレーライスBセットをいただくことにしました。

うーん、久しぶりだなぁ。東隣に建っていた「すたみな太郎」が無くなって、建屋の撤去工事の重機が騒々しいですが、ゆっくり堪能させてもらいます。

お待ちかね!
ここのオードブルサラダの真っ赤なニンジンドレッシングは甘味と旨味が絶妙で美味しいですね〜。
サービスでサモサの皮(?)も出てきました。スパイシーなグリーンソースでいただきます。ふむふむ。これも香ばしくて良いなぁ。

カレーライスはボリュームたっぷりで食いしん坊にはありがたいです。
ルーにはスパイスがホロホロといっぱい混ぜ煮込まれていて、一口ごとに味わいが変わるようで、最後の一口まで飽きずに楽しませてくれますなぁ。スパイスの絶妙な味わいと広がりがずっと続きます。
これは・・・専門店でないと味わえない味の世界ですねぇ。一口一口、頬張るたびに辛さが広がっていき、目の周りと頭皮に汗が滲んでいきます。

この、ライスに乗っかった真っ赤なティッカがまたおいしい〜!!
ヨーグルト風味がチキン本来の旨味を引き出し言葉にできない旨さです。
ドリンクのラッシーも、デザートの粘り気のあるマンゴーアイスもスパイシーな主菜にベストマッチですね〜!辛さで大騒ぎになっていた口の中を、甘味と冷感で抑えてくれクールダウンしてくれます。

ごちそうさまでした〜!!
満足まんぞう!

また来ますね〜!!







2020/06/24 0:07:21|全般
子供と家内に感謝
こんばんは。
梅雨空が続きますね。日曜の夏至の日も日食が見られなくて残念でした。
長女の埼玉の大学の自宅遠隔授業もいよいよ終わり、日曜は通信用PCと身の回りの物を積んで鶴ヶ島まで送ってきました。
長い長い春休み帰省になってしまいましたね。

父の日には子供たちと、家内からもいろいろ慰労してもらいました。
ビールとソーセージメインのドイツ風夕食。
とっても美味しかったです。

ビールは自分のリクエストで、米やコーンスターチ・糖類といった混じり物を使わず、麦芽とホップのみでふくよかな味に醸造した「サントリー・プレミアムモルツ!」

何杯呑んでも飲み飽きないヴァイタートリンケンな味わいです。
(どうでもいいことですが、ドイツではビール純粋令って法律があって混じり物は許されないので、日本のビールはエビスとモルツ以外はビールじゃないそうですナ)
かの山本有三先生はドイツ文学専攻されておりましたが、果たしてビールに対してはどのようなご見解をお持ちだったのでしょうか・・・

さて今年は素敵なシャツをプレゼントしてもらいました。
こうしてあらたまって感謝されると、少々照れくさいですがありがたいものですね。

世のお父さん、皆々様に乾杯!!