愛車の旧車復活プロジェクトを日々日記形式でアップします。 また、趣味である楽器および演奏や音楽について、綴ってまいります。
 
2022/06/21 22:37:37|番外編
ルール無用の2輪車の暴挙

所用で車で出かけた時に遭遇した、何ともやるせない出来事です。

最近、2輪車のすり抜け運転など問題になっていますが、ここまで暴挙が通用するのかという出来事です。

バス通りにもなっている主要道で自転車に乗ったいい大人が、ほぼ逆走を当たり前のように悪びれることも無くやっています。明らかに確信犯です。

1枚目は信号停止中の車の右横を延々とこともなげに逆走してます。この後、信号が青になったので前の右折車が右折しようとして危うくボディ横に当たりそうになりました。しかし自転車の運転手はこの状態で車をにらみながら車を停車させ前を堂々と横切ってすり抜けていきました。車の運転手は何があったか理解できずに呆然となったままです。

2枚目はやはり信号待ちで停車中の右横を堂々と追い越し、横断歩道の通行者を妨害するように止めて横切り、そのまま赤信号を無視して走り去りました。この時に窓が開いていたので「危ないよ」って注意したのですが、中指を立てて知らん顔して走り去りました。

3枚目はお決まりの信号停止中のバイク右側追い抜きの横断歩道上に停止です。このような事がわずかな時間内に立て続けに起こるのです。この時は後ろからの撮影でしたので、顔は写りませんでしたがもはや犯罪ですので個人情報なんて言ってられないですよね。

警察官がいても同じだったかもしれません。警察もこのような場合、取り締まりが弱くなり、検挙には至りません。重箱の隅をつつくような簡単に取り締まれるものは強い態度で取り締まり、このような犯罪レベルの暴挙は見逃しています。取り締まりを選択しているとしか思えませんね。

このような人は常にやっていて、意識が無いのでしょうね。それを見ていた子供たちなどは、どのように捉えるでしょうか。犯罪の温床ですね。我々が手を出すとこちらが加害者になりますので、どうしようもありません。不幸な世の中になったものです。これですから逆走なんて、当たり前のように罪の意識も無くやってしまいますよね。いやな世の中です。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。