無農薬野菜でジャムをつくる半農半実践派講師の日常
 
2019/11/25 8:31:24|農業以外のお仕事
先生業をされている方が、集客に悩まずセミナーに登壇する方法
おはようございます商売の学校(略称:商学校)を主宰している谷田貝 孝一です。

きのうまでの雨も上がって、いいお天気になりそうな栃木市都賀町です。

先生業をされている方から、「セミナーや講座の集客で悩んでいます」、というご相談を受けることが多くなりました。


先生業をされている方が、集客に悩まずセミナーに登壇する方法」というブログ記事を書きました。

先生業をされている方のお役に立てたらうれしいです。

 







2019/09/28 7:34:24|農業以外のお仕事
『やまがた経営革新塾』で講師を務めました。
おはようございます、半農半実践派講師の谷田貝です。

きのうは、3週連続で開催される『やまがた経営革新塾』の第1講で講師を務めました。

『やまがた経営革新塾』は、山形県の5つの市町にある商工会様の会員事業者さんのうち、経営革新や新商品・新サービス開発に興味がある8事業者さんが参加されました。

第1講のきのうは、経営革新の概要を説明した後、わたしの経営革新事例をご紹介し、承認されるポイントとコツについて、ひとつずつ解説を加えながら講座を進めました。

わたしが承認された3つの実例を基に講座を進めたわけですが、こういう具体的な話は、中小企業診断士さんや士業の先生、大手コンサルティング会社さんのコンサルタントさんではできません。

特に、 実現可能性を高める試しの実践と具体的な行動計画・利益計画などについては、やった人でなければ話せない内容だからです。

さて、きょうは、ミラサポ専門家派遣のお仕事で三重県に出かけます。







2019/09/23 15:44:01|農業以外のお仕事
実践派講師養成講座の受講者募集

こんにちは、半農半実践派講師の谷田貝 孝一です。

きょうは、新講座のお知らせです。

わたしが主宰する商売の学校(略称:商学校)では、次のとおり実践派の講師を養成する講座を開講することになりました。

創業者や創業予定者の役に立つ実践派講師養成講座とは
「創業したいけれど、自分では何をどうしたらいいのかわからない。でも、専門家に訊いたり教わるにはまだ早い」、という創業予定者の方や、「勢いで創業したけれど集客やPR、販売促進の具体的なやり方がわからず、だれに訊いたらいいのかもわからない」という、創業2年以内くらいの方向けに【創業予定者以上専門家未満】という立ち位置で、創業予定者に創業についてアドバイスする実践派の講師を養成する講座です。

認定アドバイザーご紹介

受講に関することや講座に関するお問い合わせはこちらからお願いします。
 







2019/09/23 6:57:17|きのうの農作業
農薬や化学肥料を使わず、自家製造の有機物発酵肥料を使いさつま芋を栽培しています。
おはようございます(^^)/
半農半実践派講師の谷田貝 孝一です。

きのうは、さつま芋(ベニアズマとベニハルカ)を収穫しました。

 

さつま芋の栽培は4年目。

1年目よりは2年目、2年目よりは3年目と栽培してきて、今年が一番キレイなさつま芋を収穫できています。

というのも...

多くの野菜が連作を嫌う中、「さつま芋は連作したほうがキレイなものができる」と家庭菜園誌野菜だよりに書いてあったのです。

自己流で栽培するのもいいのですが、まずは”真似”からはじめ、実践と経験を積み重ねながら、畑の”気候風土に合うやり方”を探していくことが、いい野菜をつくるコツだと思います。


ジャムや有機物発酵肥料はこちらのサイトで購入できます。

 








2019/09/22 15:08:48|きのうの農園の様子
農薬や化学肥料を使わず、自家製造の有機物発酵肥料を使い大根を栽培しています。
こんにちは、半農半実践派講師の谷田貝 孝一です。
「お天気は下り坂です」、とテレビの人が言っていました。が、ここまで降らずに助かりました^^

きのうは、秋冬野菜の最後になるキャベツや白菜、ブロッコリーやカリフラワー、かき菜や菜花、春菊などを定植しました。



アブラナ科の野菜は虫に食害されやすいため、防虫ネットをかけてしっかり固定しました。
 







[ 1 - 5 件 / 207 件中 ] 次の5件 >>