宮澤賢治、風の世界

宮澤賢治の作品を彩る言葉と風を追って宮澤賢治の世界を訪ねよう。 賢治は風という言葉に何を託したか。風を描くためにどんな言葉を選んだか。 賢治は何を求めて風の中に身を置いたのだろう。 そこに少しでも近づきたくてページを埋めていく。
 
永野川2017年11月中旬
 
ビギナー探鳥会のお知らせ
 日時:12月23日(土)
集合場所:永野川緑地公園西駐車場
日程:受け付け開始8:40 説明と注意9:00 バードウォッチング9:10〜 鳥合わせ10:40〜 
解散11:00
持ち物 :雨具、筆記用具、あれば双眼鏡・図鑑
雨天中止  申込不要
問い合わせ 日本野鳥の会栃木 рO28−625−4051  火・木・金9時〜16時
Eメールwbsj-tochigi@nifty.com
 

17日
 快晴です。9:30に家を出ました。天気予報を確かめて予定を入れるので、天気には恵まれます。その方が鳥も多いし、体力、視力も荒天では耐えられなくなったのかも知れません。
 二杉橋では、水は相変わらず綺麗でした。第五小の近くの電線に小さめのハシボソカラスが3羽留まっていました。川岸にダイサギが1羽見えました。
今日のトピックス―今季初飛来の鳥たち
 ツグミ:公園の川岸のブッシュで声だけが聞こえました。赤津川の田の近くの電線に1羽、これははっきりと姿が見られました。ちなみに我が家には13日から飛来しています。
 シメ:大岩橋上の河川敷林で、独特の声がして1羽が飛び去るのが見え、目を移すと、もう1羽が樹上に留まっていました。いよいよ冬鳥シーズンです。
 
 セグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイ
 ハクセキレイが意外と多く、二杉橋〜上人橋までの間に3羽、公園で6羽、9羽になりました。セグロセキレイも多く、上人橋までに7羽、公園などで5羽、12羽でした。公園ではハクセキレイと争う姿も見られました。キセキレイも公園で2羽見らました。
 ウグイス:上人橋近く、大岩橋で地鳴きを2回聞きました。二杉橋近くの岸の樹間を鳴きながら飛ぶ姿も見ることができました。
 ヒドリガモ・カルガモ・マガモ:公園の西池にヒドリガモ9羽になりました。カルガモは赤津川に多く16羽・24羽の群れ、その他合わせて50羽になりました。赤津川の群れの中にマガモ♂1羽が混じっていました。よく確かめましたが、♀はいませんでした。
 ダイサギ:赤津川岸の田に9羽が群れていたほか、そちこち合わせて18羽になりました。今年は多い気がします。
 イカルチドリ:睦橋近くの中州に1羽、公園の中州に2羽、イソシギはいませんでした。
 アオジ:上人橋のブッシュで1羽鳴き声が聞こえました。
 ホオジロ:大岩橋の河川敷林で2カ所、チチチッという声でホオジロとしました。
 カワセミ:赤津川の川岸で、1羽が飛び去った後に川面に近い枝に1羽、30秒くらいで後を追って飛び去ってしまいました。
 スズメ:赤津川のセイタカアワダチソウの中に100羽+の声、川岸の樹木50羽+の群れ、また高橋近く川岸の樹木に30羽の群れがありました。多い日と少ない日とあるようです。
 
 例年の通りヒヨドリジョウゴの実を見つけました。いつもより生育が悪いようですが、また小さな一枝をいただいて、友人にも分けました。体調が悪くて外出できない友人がとても喜んでくれました。繰り返しますが、以前は公園の土手の法面にもたくさんあって、イベントでリースを作ろうとしたこともあるのです。
 もうじきビギナー探鳥会です。どうか鳥がたくさん来てくれますよう。
 
鳥リスト
カルガモ、ヒドリガモ、マガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、イカルチドリ、カワセミ、モズ、ハシハボソカラス,ハシブトカラス、シジュウカラ、ヒヨドリ2、ウグイス、スズメ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、ホオジロ、アオジ、ツグミ、カワラヒワ、シメ

 
 





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。