ミニクーパーMk-1 奮戦記2

クラシックミニクーパーMk-1との生活から、趣味のプラモデルまで、楽しく綴ってます。
 
2017/05/21 22:23:27|車生活
梅雨前に

今日は晴天!!暑い一日でした。来月になれば、嫌でも梅雨が来るわけでして…今日は、その準備でも。
梅雨の長雨…じっとりした天気になると、ミニのハンドルも湿度が上がると言うか…経年で傷んだ樹脂のためか、ハンドルを握る手が真っ黒になるのです。とまぁ、毎年ウエットティシュを車載するわけですが…
ミニのハンドル、表面のコーティングも剥がれてボロボロ…むき出しの傷んだ樹脂が水気を吸ってしまうのです。
で、何年か前から、剥がれたコーディングの上に、塗料を染み込ませて水気を吸うのを抑えているのです。
これが、塗料を塗った後。
ちょっとチープな気もしますが…マーク1のハンドルは径が大きいけど、握りが細くて…一度握ると癖になると言うか…たかがハンドル、されどハンドルなわけです。







2017/05/20 18:17:28|1/12MINI制作記
ROVER MINICOOPER 1.3i-10

作り始めて2ヶ月半にして、ようやくボディの塗装をしました。
前回はルーフのOWを塗りまして、今回は全体にAGを塗るわけです。
パーツが大きいし、シャーシもあるから、色々と心配もありましたが…
新コンプで塗装したら…呆気なく終了しました。
空気圧を高めにして、濃いめの塗料を吹きつけていくと、一気に塗れました。いつもなら、このままで終了って感じですが…
今回は磨いてみたかったので…ルーフのマスキングも取りまして、ボディ全体にクリアーを吹きつけてみました。
後は、一週間ほど乾燥させてと。
その間に、出来そうな工作でも始めましょう。







2017/05/14 18:44:17|1/12MINI制作記
ROVER MINICOOPER 1.3i-9

ミニ制作再開します。と言う事でボディの塗装から…
新しいコンプの試運転も兼ねましてと…まずは、ルーフから。
僕の場合ですが…塗り分ける場合は、極力
重ね塗りは避けようと思いまして…ルーフ以外をマスキングしてと…一気にOWを吹きつけます。大した面積でも無いと思ってたら…1/12は大きいです。吹きつけたら、大体の乾燥を待ってから、テープを剥がします。
ボディカラーになる部分で、後から塗りにくいところを塗装しておきました。室内のシート用のフレームにボンネット裏側ですね。
完成しても目立つ個所でも無いので、吹き付けたままで完了です。
どちらの塗装色も、グレーがペースなので、サフェの上からでも発色してくれて助かりました。
ルーフの乾燥を待ってから、ボディカラーの塗装に…
まだまだ、続きますね。







2017/05/14 12:14:48|1/12MINI制作記
ミニ乗り、ミニのプラモを作る-5

ミニの制作再開と言いますか、1ヵ月も放置しちゃってました。
さて、今回はボディカラーの話。ボディカラーは迷わず、僕のミニと同じOW(オールド・イングリッシュ・ホワイト)とAG(アーモンド・グリーン)に決めているわけですが…このAGって色が悩み所でして、普段見た印象と、実際のカラーの印象が、かなり事なります。
しばらく悩んだわけですが…今回は、実際の塗料に近い色にしたいと言う結論になったわけです。
で、調色も、何色と何色を…なんて試行錯誤してましたが…
しかし、この調色って作業も楽しいですね。

用意したのは…実車の補修塗料。電動のミキサー、筆、塗料皿大、ヨーグルトのフタ数枚です。
まずは、実車の塗料をフタに塗りまして。フタはプラで白色なのでパレットに使えます。半分だけ塗っておいて、最終的に調色した塗料を塗って、色目の合っているのを確認しています。
いきなりですが…調色した塗料です。田宮のスペア瓶に入れてますが…塗料の調色作業は塗料皿で行ったので、瓶に書かれた目盛りは使ってなかったりして。
出来た塗料は小分けして、吹きつけ用に使います。
今回AGを作るために使用した塗料ですね。ほぼ同比率で混ぜてます。
白や黒は意識して使ってません。今回の決め手は紺色ですね。この色目を決めるのに、数色塗料を買って試してます。
後は、塗装するだけ…いや、一番楽しい時間かもしれません。







2017/05/11 22:36:05|ブログ
その名はエアロベース! -静岡ホビーショーに行く-

連休明けたら静岡に行く!まぁ、お仕事だから当然ってなるわけでして…今年もホビーショーに行ってきたわけです。
会場には昼過ぎに入ったわけですが…以前ほど鼻が効くわけでもないし…マニア様のように予想だけの出来話がしたいわけでもないから…でも、海外メーカーのカタログが頂けるんだから嬉しい。
さて、ラジコン系のフロアーで発見したのは…くろがね4軌です。僕の想像より大きい、エンジンとタイヤの着いた乗り物って感じですね。車と呼ぶにはウーン…良い物見せてもらいましたよ。

にしても、新しい物への感動は減ったよな…なんて反省しつつ静岡駅前のホビースクエアに行きまして…
個展の会場に行きました。展示されているのはエアロベース・小さな飛行機の模型…当然、知ってますよ。
展示を見ている僕たちに主催の方が、展示品について説明をしてくれる。話途中、僕が名前を言うと「ええっ、冗談きつい…」みたいな口調になりまして。
エアロベースの岩見さん、僕は彼と静岡の会社で同期入社だったりしまして…そうなると、懐かしい話も出てきました。
彼が他の来場者の方にも、話しかけている間に…僕たちは展示物に見入ってまして…出口付近、エアロベースからは想像できないような、プラモの完成品の数々のコーナーに。
そうか、展示された完成品を見ていて、彼はプラモデル作り続けたんだって感心したわけです。
プラモ好きの話は終わりなくて…お互いに、古いプラモが好きって分かったのは嬉しかったですね。
個展の名前は「プラモデルのプロになる方法」彼のライフワークな気がします。「プラモデルのプロ」誰にも真似できない事だと思うわけです…だって、5歳からプラモデルを作り続けるんですから…








[ 1 - 5 件 / 915 件中 ] 次の5件 >>