ミニクーパーMk-1 奮戦記2

クラシックミニクーパーMk-1との生活から、趣味のプラモデルまで、楽しく綴ってます。
 
2017/03/23 17:49:38|その他
ミニ-プラ-フィート再開!
中学時代の友人がやってるWLを、中心としたHPミニプラフィートが再開されました。
全編に流れる語り口調は、彼そのものです。いや、好きな人が書く文書は面白いわけです。
中学の頃の思い出と言えば、彼の家で読んだMAの事やら、MAの記事を真似て書いた、手書きの手作り冊子の事でしょうか?
同じ趣味だから、話が合うし、今でも懐かしいと思うのかもしれません。
まずは、ご覧あれ。
http://mini-pla.la.coocan.jp/







2017/03/19 23:05:28|ブログ
まさかのNISA○N車登場

ライフの後釜として、やってきたのは…まさかのニッ○ン車です。
このエンブレム着いちゃうと…何だか、恐縮しちゃいますね。
ボディは鮮やかなピンクで、屋根は白!屋根が白いなんてミニみたいだね…なんて思ったのは親父だけか。
1月には購入が決まっていたので、夫婦で、こっそりと市場に行ったので、サイズ感とかは理解してたけど…やっぱり大きいよね。ライフ君と比較しても、一回り大きいし…
それにしても、近頃の軽、いやニ○サン車ともなると、おもてなし度が違うのだ。思いつくものフル装備って感じ。
それにしても、ピンクの車が2台なんて、この家が出来た時には想像も着かなかったわけです。
で2台の車に隠れてと言うか、見えなくなってる、我が相棒ミニなわけです。







2017/03/19 22:45:03|1/12MINI制作記
ROVER MINICOOPER 1.3i -6

今回も地味な作業ですが…ボディのサフェも吹いたので、しばらくは他の工作でもと考えて…インテリアの工作を。
今回シートは、ミニの仕様を決定する要素ともなるわけでして…それにしても、このキットのシートの出来は、どうだろうねぇ…PLはガタガタしてるし…この妙なシボ加工も…これがリアルって事なのかな?
シートの裏板は普通に接着したら、工作中にパカッと開きそうなので、裏板を接着する前に、中にプラ板で補強を入れてみた。それから接着…流し込み接着剤を多めに流してと、ヘッドレストはクリップで挟んで、シートはテープで巻いて、接着剤の乾燥待ち。
リアシートは一体なので、無理しない程度に外周を削ってみたり…
シートを固定する台?の方はスピーカーのモールドを削り落としてと…
どういうパターンを着けるか、まだ悩んでます。







2017/03/18 21:38:00|1/12MINI制作記
ミニ乗り、ミニのプラモを作る-2
さて、久しぶりに地元の模型店に、買い出しに行ってきたのです。
買ってきたのは写真の様な…
後ろは、0.6ミリのプラ丸棒で、これからインテリアの工作で使用する予定。均一な太さでディテールが追加したいので購入。
前から狙ってたのが、塗料のスペア瓶でして…タミヤの物。
ボディカラーは、いつも調色するから、Mrカラーの空き瓶なら沢山あるのですが…今回は、多めに塗料も作るから、塗料の保管にも大きな瓶が必要と考えたわけです。
スペアの瓶には目盛りとか記入されてて…雰囲気良いですね。
ミニの制作、明らかに気持ちが急いでおります。







2017/03/18 21:26:25|1/12MINI制作記
ミニ乗り、ミニのプラモを作る-1

ここでは、いつもの制作日記とは視点を変えて、ミニ乗りとして、1/12ミニの制作について感じた事を書いていけたらと思う。
僕がプラモデルを作るのは、実車興味を更に深めるため、実車のミニチュアを作っていく。完成品に求めるのはミニチュアカーとしての仕上がりと言うか…僕の欲しいディテール、カラー、サイズで作るわけで、自分で作るしかないわけです。
で、一回目は…ボディの下地塗り。
工作を済ませて、下地にサフェを吹いたボディを眺めていて、ミニの形してるなぁ…感心する。ミニの形を正確にトレースしてる物って、あまり無いと思う。数あるミニカーでもプラモでも。
この1/12ミニは、ミニの歴史の中でも最後期のタイプで、僕の乗るマーク1とは30年以上も後の形。同じ雰囲気でも、細部にわたって違いがある。その違いを楽しみつつの工作も楽しそうと考えている。
下地としては、プラモの定番グレーのサフェです。使うのは1200番と言うもの。正直、この番手の意味は分からないけど。サフェを吹いて、下地のパテとプラの材質の違いを消す事、サフェの磨き方次第で、最後の塗装面の艶にまで影響すると考えている。
下地から、ボディ塗装…実車の塗装工程みたいで、一番楽しい時間かもしれません。









[ 1 - 5 件 / 891 件中 ] 次の5件 >>