<strong>♪どこへゆこうか。</strong>
 
2017/11/13 23:06:04|その他
5ヶ月になりました
おかげさまで娘はすくすくと育っております。

正直毎日大変です。

会社勤めの方が自由だったのだなと感じています。
(精神的には今の方が楽ですけどね)

すべて娘中心に生活が回っているので、時々「無」の状態が訪れます(笑)
遠い目をして一点を見つめ、ボーーーっとミルクをあげていることも。(あぶねーー…)

世の中のお母さんたち全員尊敬します🙇⤵️



犬のもんたとはまだ距離があるようです。

お互い意識してるけど付かず離れずの関係。

もう少し大きくなれば仲良くなれそうな気がしますが。


子どもを育てながら私の精神も育ててもらってます。
少しだけ忍耐強くなったかも。
でも娘がニコッとしてくれるだけでイライラも吹き飛ぶ!
恐るべし赤ん坊の笑顔!
いろいろあるけど楽しくやってます(*´ω`*)

しかし私もいい歳なので体のあちこちが痛むー( ;∀;)

20代で出産した人がうらやましいし、普段から体力をつけておくべきだったなと後悔後悔(*´ー`*)

仕事をしていた時には持てなかった、「昼間の時間」を
大切に、今しかない毎日を満喫しております。


 







2017/07/30 12:58:30|その他
父のやさしさ
入院中、体調が優れず、いつ生まれるのか、薬を投与するのか、持病の甲状腺の病気が子どもに影響しないか、、、とか、鉄剤で吐いてしまい夜は眠れず、言いようのない不安とストレスで悶々とした日々を送っていましたが、母はほぼ毎日、父は仕事が休みのときは毎回お見舞いに来てくれていました。
でも自分の体調が悪いので、あまり笑うこともできず無表情で対応していたのではないかと思います。
そんなある日、母が
「これ、お父さんから。」
と言って渡してくれたのが、画像の四つ葉のクローバーです。

「この前、お見舞いに来た帰り道、近くの公園で散歩をして行ったんだけど、クローバーがたくさん生えているところがあって、お父さんが突然一生懸命四つ葉探しを始めて、お父さんが見つけたのよ。元気な子が生まれてくるように、体調が良くなるように○○○(←私の名前)に押し花にしてあげよう!って家に帰ってすぐ押し花にしてたのよ。できたから持って来た。きっと大丈夫よ!」

と母から、本に挟んである四つ葉のクローバーをもらいました。

ジーーーーーン…ときましたが、泣くのは恥ずかしいので
「そうなの?! お父さんそんなメルヘンなとこあったんだ〜。」
と笑い受け取りました。

その後病室で、本を開けてよく見ました。
これを父が見つけて押し花にしている姿を想像し、あたたかい気持ちになり、勇気と元気が湧いてきて、きっとすべてうまくいくに違いない!と底知れぬ力が出てきたのを覚えています。

あまりいろいろ言わない父も、ずっと心配してくれていたんだなと父の愛情を感じました。

そんな思いを背負って、無事に生まれてきてくれて本当によかった。

 







2017/07/24 14:51:23|その他
生まれました!
6月、無事に女の子を出産しました。
長い道のりだった。。。

つわりがひどく、仕事に行けずに3ヶ月近くお休みをいただき、その間ほとんど何も食べられず、日に日に痩せていき体重が8キロ減りました。
胃がほとんど空っぽなのに、吐き気が止まらないので毎晩毎晩吐くものがなくて血を吐いていました。
辛くて辛くて涙を流す日々…。
想像していたマタニティライフとかけ離れた日々で、何度も弱気になり赤ちゃんがちゃんと育っているのか不安になりました。
胃袋が何も受けつけないので3日おきに病院に点滴を打ちに行っていました。

周りから、つわりはいつか終わるから大丈夫だよ、と励ましの言葉をもらい、いつか終わるんだと自分に言い聞かせ耐えていました。
確かに6ヶ月を過ぎた頃にはピークは過ぎ、少し食べられるようになりましたが、私の場合は結局出産する直前まで吐いていました。

さらに出産の1ヶ月前の検診で、「今すぐ入院してください」と言われ、妊娠高血圧症で入院生活が始まりました。
こんなに長く入院したのは人生で初めてでした。
4人部屋で、みんな妊婦さんや出産後の方なので、いろいろな症状の方たちと話したり励まし合ったりしながら出産の時期を待ちました。
でもプライベートな時間はないので、この共同生活が時にストレスに感じ、家が恋しくて(もんちゃんに会いたくて)ウルウルしてしまうこともあり。。。
今思うとそんな日々もいい思い出です。

そして、予定日を3日過ぎたある日、陣痛がやってきました。
陣痛がきたというか、血圧が高過ぎて赤ちゃんをお腹の中に長く入れておくのは危険だということで、子宮にバルーンを入れて子宮口を広げる処置をし、陣痛を促したのですが。。。
自分が想像していた以上に、出産は痛くて苦しくて大変でした。。。
鼻からスイカ? イヤイヤ…そんなもんじゃないです。
腹とおまたが裂けるんじゃないか…というような…。表現が難しいくらいの激痛!
でもそれを経て、、、ずーっとお腹にいた赤ちゃんに出会えた感動は言葉では言い表せません。
つわりで血を吐いている時も、何も食べられなくて苦しい時も、長年勤めてきた会社を退職する時も、ずっとお腹の中にいて少しずつ大きくなってたんだね〜(>_<)

生まれてきてくれてありがとう。

…その言葉につきます。

母が立ち会ってくれて、分娩室で苦しんでいる時も生まれた瞬間もそばにいて励ましてくれていました。そして母も泣いていました。
ちなみに夫は仕事で来られず。

出産後、実家に1ヶ月お世話になり思ったことは、母はありがたい存在だな…ということです。
私をこうやって育ててくれて、今はその娘が産んだ孫を一生懸命かわいがって面倒見てくれて、ずっとずっと心強い私の母でいてくれたんだな。。。
と思いました。
自宅に帰り、自分の子供を育てていて、なんだか母を思い涙が出ます。
もちろん父にも感謝の気持ちでいっぱいです。

いろいろなことを教えてくれた自分の子供に、これからもっともっといろんな勉強をさせてもらうんだろうなと思います。

まだ始まったばかりの子育てで、わからないことだらけですが、自分のやれる範囲で楽しんでやっていこうと思います。
 







2017/04/21 0:54:59|その他
お久しぶりです。会社、辞めました。
4月末に退職いたしました!
思い返すといろいろありました…。
仕事ですから当然大変なことも、辛いことも。
でもいつも周りの人たちに支えられ助けられ、その都度乗り越えることができ、いい仲間に出会えたことが自分の会社人生の中の宝だと思います。
一緒に愚痴を言い合ったこと、意見をぶつけ合ったこと、いいものを作るために悩んで時を忘れて作業したこと、くだらない話で何時間も飲み明かしたこと、東京で夢のような仕事ができたこと、、、
今は感謝しかありません。
デザインという仕事を続けてきてよかった☆
社内からも社外からも、今まで関わってきた人たちからあたたかい言葉をかけていただき、幸せな気持ちで退職の日を迎えることができました。
そんな後ろ髪引かれながらの退職の理由は、、、
出産です。
産休・育休をとるか辞めるかで迷いましたが、今までの仕事のスケジュールから考えると子育てしながらデザイナーとして会社勤めをするのは難しそうです。。。時間できっちり区切ることができないので帰宅が深夜になってしまうことも多々あり、片手間でできることではないと思います。
なので、スパッと辞めることにしました。
何しろ高齢出産なので体力が心配でした。
でも、デザイン業から足をあらうわけではなく、フリーで仕事はお請けしたいと考えています。
環境が整ったら皆さんにお知らせしたいと思います。

仕事で出会った仲間や先輩、上司、後輩・・・。一生つき合っていきたいと思える人たちと出会えてよかった。
いつも私を元気づけてくれて、支えてくれて、楽しい時間や辛い時間を共に過ごしてくれてありがとうございました!
これからもいい仲間でいてください!!!
 







2017/03/31 12:12:18|その他
もんちゃんトリミング〜♪

もんちゃん初トリミングしました。
抜け毛がすごくてお掃除が大変で、部屋中にもんちゃんの毛が舞っていたので短くしちゃおう!ということで初トリミング。
上がトリミング前。
下がトリミング後。
とってもさっぱりしました。
抜け毛も少し減ったような気がします。
今までフサフサで毛がなびいてましたが、
ぬいぐるみみたいになって、ムチムチしててかわいいです。







[ 1 - 5 件 / 197 件中 ] 次の5件 >>