80ccと50ccだもの

最初のタイトル「80ccだもの」を進化?させつつ更新してます。
もう見ている人は居ないと思うけど…
何も足さない何も引かない
 
2019/05/23 10:56:00|C50
プチレストア
■タンクの錆取り終了


長期不動だったC70は直には動きません。細々手直しが必要でした。
スロットルの張り付きは想定内でしたが…一番困ったのはタンクキャップのカギでした。ガソリンのガムと錆で固着していました。燃料計なんか琥珀色になっちゃってるし…

とかなんとか…鍵付きのキャップは解消でき…タンクは取り敢えず間に合わせでC50のタンクを付けていたのですが…やっぱり純正色がお似合いなので錆取りを行っていました。

手ごろなタンクの錆取りってどうでしょう???

迷わず、花さか爺とか使う所なんでしょうが…元が安い?のに数千円もする錆取り剤はどうも…なんて考えてたら色々ありました!中にはサンポールを使う物もあったり興味ツツ…どなたか試してみてくださいw

で、結局。使ったのはクレのラストリムーバー千円なり…。
タンクに…とは書いていなかったけどね!3ℓタンクなのでどうにも足らない…で、お湯で希釈して使いました。無論古いガソリンのガムとかは掃除してあります。多分お湯がポイントだと思います。

大体一本500mlなので6倍でやりました。多少の心配も在ったので時間は二時間位。容量ともアバウトにやりました。

思ったより効果はてき面でかなりお手頃に済ませたのですが…一番の難関はここからです。錆止めですね!

結論から言うと…ほぼやっていません!w

ラストリムーバーには556を吹いておいてくださいとありますが…ガソリンタンクには無意味ですからねwでも一応気休めに吹いておきましたw

実の所3ℓだし…マンタンにしておけば済むのでは?と考えましたw

まだ使えそうな気がしたので…蛇足ですが使ったリムーバーはとっておきました。実家の耕耘機にも使ってみようと思います。


コック上がレス用のホースで下がON用のホース

カブのタンクは出口が二つあり管の長短でRESとONを区別させています。RESはおよそ1ℓですがカブなら50kは走りますね。

取り換え時、ホースが詰まっていた事や錆の再発を考えRES側のホースを透明な物に交換しました。コメリで入手。

コレで詰まってきたら可視化出来るし安心。カブはキャブにストレーナーが付いているのでコレで大丈夫でしょう。





     コメントする
タイトル*
コメント*
名前*
MailAddress:
URL:
削除キー:
コメントを削除する時に必要になります
※「*」は必須入力です。